AEDが必要な理由

AEDが必要な理由?

AEDが必要とされ街にどんどん設置されている理由について考えてみましょう。


AED設置画像7AED設置画像9AED設置画像16


年間に救急隊が搬送した心肺停止傷病者数は約9万人という話をしました。


そのうち3分の1にあたる約25,000人程度の方がご家族等により応急手当が実施されています。


ということは、その他の約3分の2の心肺停止傷病者は応急手当が実施されていないということなのです。


心室細動発生から1分ごとに救命率が 7?10%下がると言われ、いかに早く救命処置をするかが生死を分けることになります。


応急手当が実施された場合と実施されていない場合で、生存率に違いも出てきますしその後の後遺症の発症にも影響があります。


つまり、救急車が到着する前に傷病者の近くにいる私たち一般市民がAEDを使用して電気ショックをできるだけ早く行うことが、生存率を高めるために重要なこととなります。


その為にはできるだけ多くの場所にAEDを設置して、いつ・いかなる所で症状が発症しても対応できるようにしなければなりません。


そして、誰もがAEDを使えるようにしておけば大切な命が救われる可能性が高まります。


誰もがAEDを使えるようにするためには、法令や環境を整えて実際にAEDを使う体験などができる「場」が必要になります。


2004年7月から医療従事者以外の人でもAEDを用いて除細動を行うことが可能となり、様々な環境が整ってきました。


設置場所も徐々に増加していますので、AEDの文字がみなさんの目にも入るようになってきたのです。