救急蘇生ガイドライン

日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会

日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会は心肺蘇生法委員会の内部委員会として平成17年9月に発足しました。


小委員会の目的は、2005年11月に国際蘇生連絡協議会(ILCOR)が発表した心肺蘇生に関わる科学的根拠と治療勧告コンセンサス(CoSTR)に沿って日本の新しい心肺蘇生ガイドラインを策定することです。


また、日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会では単に新しい新ガイドラインを策定するだけではなく、日本の救急蘇生に関わる知識と技術の向上と広く一般社会への普及を促すことによって安心で安全な社会づくりに貢献したいと考えています。


・出版物

1.救急蘇生法の指針(市民用) 定価¥400別途消費税

  
2005年にILCOR(国際蘇生連絡協議会)が発表した心肺蘇生法に関する新しい知識や技術をもとに日本版救急蘇生ガイドラインが策定され、そのガイドラインに沿って市民による救急蘇生法についての部分をまとめ作成したものです。

(2006年7月20日発売)


2.救急蘇生法の指針(市民用・解説編) 定価¥1,200別途消費税
  
上記の「救急蘇生法の指針(市民用)」の内容を左側のページに、右側のページにそれを指導する人のために必要な基礎知識や理論をQ&A方式で記しまとめたものです。

(2006年7月20日発売)

http://www.qqzaidan.jp/publish.htmlより